肝機能改善サプリメント@効果あるのは?

肝機能改善サプリメント@効果あるのは?

肝機能を改善するサプリメントの効果

オルニチンを補給できる食品

 

オルニチンは肝臓のサポートをしてくれる栄養分ですが、そんなオルニチンはしじみやエノキタケ、ヒラメやキハダマグロ、チーズやパンなどに含まれています。こうした食べ物の中でも特にしじみの含有量が多く、お酒を飲む習慣のある人であれば、しじみ汁が肝臓に良いということはよく知られています。

 

ではしじみだけ食べていればオルニチンの必要量はまかなえるのかといえばそうではありません。オルニチンの一日あたりの必要摂取量については400〜1000mgとなっていますが、しじみには100gにつき10.7m〜15.3mgという含有量となっています。これはしじみを35個食べた場合の計算ですので、これではしじみだけでオルニチンの必要摂取量が足りないということになります。

 

そのため、オルニチンをできるだけたくさん食事で補うということであれば、しじみの味噌汁にエノキタケを追加したり、朝食にパンとチーズを食べたり、といった方法になります。ただし、それでも補うことができるオルニチンはごくわずかですので、毎日の食事だけでは必要な量を補うことはできません。

 

肝臓の働きをサポートしてくれるとはいえ、オルニチンを補うのはなかなか大変です。これだけ食品のみで補うことが難しい栄養素はなかなか無いのではないでしょうかオルニチンを豊富に摂取して、肝臓の健康を守るとともに効果を実感するためには、食事だけでなくサプリメントも併用すると良いでしょう。

 

 

肝臓の病気「脂肪肝」とは?

 

脂肪肝とは、肝臓やそれを構成する肝細胞に脂肪がたまっている状態のことをいいます。具体的には、肝細胞に30%以上の脂肪がついていたり、あるいは肝臓そのものの重量が5%以上になると「脂肪肝」として認定されます。今回は、脂肪肝についての紹介です。

 

増加傾向にある肥満
昨今の日本の食生活は欧米化をたどっています。甘いものや脂肪分の多いものを毎日のように食べる、あるいはファストフードやコンビニで食事を済ませているという人も多いのではないでしょうか。こうした生活習慣が原因で悪玉コレステロールの増加や高血圧といった症状を引き起こす人が増えています。それとともに増加傾向にあるのは肥満による症例です。

 

脂肪肝とは、いわば「肝臓の肥満」ですが、この脂肪肝についても30〜50代を中心として増加する傾向にあります。この脂肪肝になる原因には糖分や脂質の過剰な摂取が主な要因ではありますが、アルコールの摂取についても要因のひとつとなっています。特に仕事のつきあいや飲み会などが多い人の場合はそれだけ肝臓に脂肪がつきやすい状態にあるといえます。

 

脂肪が肝臓についてしまうとそれだけ肝臓のもつ機能の低下につながり、それがそのまま健康の不調の原因となってしまいます。脂肪肝を防ぐという意味でも、毎日の生活習慣を見直し必要に応じて改善することが大切です。

 

脂肪肝が原因による病気
肝臓についた脂肪が5%を越えると脂肪肝として診断されることになります。こうなると食生活の見直しが急務となるのですが、実は脂肪肝を放置すると命に関わる重大な病気の引き金となることが確認されています。中でも「動脈硬化」は特に注意したい病気であり、日本人の死亡原因のトップ3のひとつとなっています。

 

動脈硬化とは、血液の循環が悪化し血管の内部に「塊」がたくさん発生する状態をいいます。この塊が血液の流れを妨げるため、血液が体の中を回ることができなくなり最悪の場合死に至るケースもある恐ろしい病気です。

 

脂肪肝になると、それだけ血液の流れを悪化させる原因となりますので少しでも早い段階で改善しておくことが重要です。脂肪肝についての正しい知識を認識しておき、対策や予防法についても確認しておきましょう。

 

しじみが肝臓に効果がある理由

 

☆ 肝臓にシジミが良い訳とは?
肝臓に良い食品として知られているシジミには、『タウリン・良質のたんぱく質・メオニチン・ビタミンB2・ビタミンB12・鉄分』等が含まれています。タウリンは肝臓の解毒作用を活発にしてくれる、硫黄を含むアミノ酸の一種で胆汁の排出を助け、肝臓の働きを良くしてくれます。タウリンと同様にメオニチンは、食品に含まれるアミノ酸の一種で肝機能を正常に保つ働きがあります。

 

その他にもアラニンやグルタミン等のアミノ酸を含んでいます。一般的にも知られているようにシジミには、アルコールに対しても有効な成分が多く含まれているのです。肝機能 サプリを強化しアルコールの分解を促進してくれ、代謝を活性化する働きがあります。

 

アルコールを摂取した翌朝に、シジミのお味噌汁を飲む人も多いのでは?これは肝臓にも優しいものです。また、お味噌からもコリンを摂取することが出来ます。コリンは、肝臓の中のアルコールが脂肪になって溜まっていくのを防ぐ力がありますので、脂肪肝の予防になります。

 

良質のたんぱく質が含まれているので、肝臓の修復、再生にも役立ちます。ビタミンB2・ビタミンB12は、脂肪の代謝を助け、脂肪肝の進行を妨げてくれます。鉄分は免疫力を高め、粘膜を丈夫にしてくれ、造血作用で血を増やします。鉄分不足の人にもお勧めです。これらが合わさって肝臓の機能を高めてくれます。

 

シジミには、肝臓病の予防以外にも沢山の良い効果があります。例えば、体内のコレステロールの増加を抑制する効果があるので、肥満防止に役立ちます。新陳代謝を高める効果があり、コラーゲンの合成を助けて成長ホルモンを生成し、髪の毛にツヤが出たり美肌や美容に役立ちます。

 

便秘を改善させるためには乳酸菌を摂取するだけではだめ

 

乳酸菌を摂取するだけで、便秘や下痢を解消させることができるというわけではありません。乳酸菌などのような善玉菌を摂取して腸内環境を整えやすくしていくことももちろん大切ですが、生活習慣が乱れてしまっていると根本的な解決をすることはできません。

 

快便をするためには、どのような生活を心がけるようにするべきなのかを今回はお話したいと思います。ここで注意点として紹介することを意識しつつ、乳酸菌サプリなどを摂取することで、下痢や便秘を解消させやすくすることが可能です。

 

まず、朝起きた直後というのはとても重要です。朝というのは腸の活動が活発ですから、便が出やすくなっています。ですので、朝ギリギリで起きるのではなく、少し余裕を持って起きるようにしましょう。朝ごはんは抜かさずに、食物繊維が多く含まれている食べ物を食べるようにしてください。⇒⇒食物繊維サプリの効果は?

 

 

そして、朝起きたら、まずはコップ一杯の水を飲むことも大切です。水を飲むことによって、腸の活動も活発になって、便をしやすくすることができます。ここでお勧めなのが、寒天です。寒天は水分も食物繊維もたっぷり含まれていますから、朝に寒天を食べるようにすると、快便をしやすくすることができるでしょう。

 

また、普段から間食を食べているという人もいると思います。間食を食べるのであれば、ヨーグルトを食べるようにすれば、乳酸菌を摂取することができるのでお勧めです。腸のせんどう運動というのは、運動不足になっていると弱まってしまいます。

 

ですので、毎日数分程度でもいいですから運動をするようにして、腸の働きを活発にさせることも大切です。体を動かすのであればストレッチでもウォーキングでもかまいません。

 

食事をするときには、しっかり噛んでから飲み込むことも大切です。しっかり噛むことで、食べ物の消化もよくなりますし、脳に食事をしていると伝えることができますので、腸を活発にしやすいのです。

 

次に、お風呂についてです。毎日お風呂に入っていると思いますが、お風呂に入っている時間というのは、心身ともにリラックスしている状態です。

 

リラックスさせることによって、腸も緊張状態がほぐれて、便秘を解消させやすくすることが可能になります。

 

そして、就寝前には、布団の中で腸のマッサージをするようにしましょう。服の上から、やさしくマッサージをすることによって、腸に刺激を与えることができます。マッサージをするときには、ひらがなの「の」の字を書くように回すように撫でるのがコツです。

 

 

更新履歴

copyright 2016 肝機能改善サプリメント@効果あるのは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。